筑波銀行個人向けインターネットバンキングつくば安心スクール
 
トップページ >>筑波銀行の取組み >>つくば〈インターネットバンキング〉のセキュリティ対策
筑波銀行の取組み
つくば「インターネットバンキング」のセキュリティ対策
128bit SSL暗号化方式を採用 自動ログオフ
前回ご利用日時の表示 オートコンプリート機能を制限
3種類のパスワードでお客さまを特定 確認パスワードに可変方式を採用
ソフトウェアキーボードの導入 EV SSLサーバ証明書の導入
振込・払込限度額の設定 電子メールの送信

つくば「インターネットバンキング」では、次のセキュリティ対策を行っておりますので、安心してご利用いただけます。

  128bit SSL暗号化方式を採用
* パソコンをご利用の場合は、インターネットでの情報の漏洩、盗聴、データの偽造・改ざんを防ぐため、お客さまの情報の送受信に、ブラウザ内蔵の暗号機能「128bit SSL暗号化方式」を採用しています。
* 携帯電話をご利用の場合は、各携帯電話会社独自の暗号化方式でお客さまの情報を送受信します。
<128bit SSL暗号化方式とは>
 SSL(Secure Socket Layer)とは、ネットスケープ社が開発したインターネット回線を流れるお客さまの情報を、お客さまのパソコンのブラウザと当行のサーバーの間で暗号化する仕組みです。
 インターネットバンキングでは、現在使われている暗号化方式の中で最強の「128bit  SSL暗号化方式」によりお客さまの情報を保護していますので、安心してご利用いただけます。お客さま情報の送受信には「128bit SSL暗号化方式」を採用し、情報漏洩・データ偽造などを防止します。
前のインデックスページへ戻る

  自動ログオフ
  お客さまがログオンしたまま離席された場合など、一定時間操作がなかった場合には自動的にログオフし、第三者の不正使用を防ぐよう配慮しています。

前のインデックスページへ戻る

 
  前回ご利用日時の表示
  ログオンした際、前回のログオン日時や取引日時が確認できますので、第三者のなりすましによる不正アクセスのチェックが可能です。

<つくば>インターネットバンキングご利用状況確認画面


前のインデックスページへ戻る


  オートコンプリート機能を制限
  Internet Explorer には、ご契約者番号やパスワードを記憶する機能(オートコンプリート)がありますが、インターネットバンキングでは本機能を使用できない対策をとることで、セキュリティを一層強化しています。
 オートコンプリートの詳細はマイクロソフト社のサイトをご参照ください。
マイクロソフト社
前のインデックスページへ戻る


  3種類のパスワードでお客さまを特定
  サービスをご利用いただくには、「ご契約者番号」・「ログオンパスワード」・「確認パスワード」が必要となります。
* ご契約者番号(10桁)
本サービスご利用時のお客さま番号です。(ご契約者番号を記載したご利用カードをご自宅へ郵送いたします)
ご利用カードとパスワードの取扱いについて

* ログオンパスワード(6桁)
当行のサービス画面にログオン(接続)する際に使用するパスワードです。
* 確認パスワード(2桁)
お振込みやお振替え等を行なう際に使用するパスワードです。
「ログオンパスワード(6桁)」は、サービス開始後、パソコンや携帯電話の画面上で変更することが可能です。
セキュリティ確保のため、「ログオンパスワード」を定期的に変更してください。
なお、初回利用時には、必ず「ログオンパスワード」を変更してください。
「ご契約者番号」・「ログオンパスワード」・「確認パスワード」は、他人に知られることのないよう厳重に管理してください。ご利用カードを紛失した場合、パスワードをお忘れになった場合、「ご契約者番号」および「パスワード」を他人に知られてしまった場合は、すみやかにお取引店までご連絡ください。
前のインデックスページへ戻る


  確認パスワードに可変方式を採用
  確認パスワードには「可変方式」を採用。お申込時にお渡しする「ご利用カード」に記載の「確認番号(10桁)」から、お取引きの都度指定される2桁を入力していただきます。
毎回違うパスワードを入力するので、固定パスワードよりも安全です。
可変パスワード方式
前のインデックスページへ戻る


  ソフトウェアキーボードの導入
  ソフトウェアキーボード(画面上に表示された擬似キーボード)をマウスでクリックすることで、パスワードがご入力いただけます。「パソコンのキーボードから入力した操作履歴(パスワード等)を盗み取るタイプのスパイウェア」(いわゆるキーロガー等)による犯罪が発生していますが、ソフトウェアキーボードから操作すると「キーボードの操作履歴が残らない」ため、より安全にインターネットバンキングをご利用いただけます。
ソフトウェアキーボード
前のインデックスページへ戻る


  EVSSLサーバー証明書の導入
  フィッシング犯罪の対策として日本ベリサイン株式会社のEV SSLサーバ証明書を採用し、セキュリティの強化を行います。
EV SSLサーバー証明書
Windows Internet Explorer7.0を使用しているユーザが、Extended Validation SSL証明書(EV SSL証明書)で保護されている筑波銀行のインターネットバンキングにアクセスすると、アドレスバーが緑色に変わります。さらに、アドレスバーに表示されたURLの横に、SSLサーバ証明書を保有する組織名とSSLサーバ証明書を発行した認証局名が表示されます。
この緑色のバーは、EV SSL証明書が、組織の実在性、そのドメイン名を使用する権利を組織が保有しているかなどを検証した上で、正式に発行されたものであることを意味しています。
0 日本ベリサイン株式会社のEV SSLサーバ証明書
対応ブラウザについて
  Internet Explorer7.0
※Windows Vista または Windows XP SP2 に限ります。
Internet Explorer7.0より前のバージョンのブラウザでは、EV SSL証明書は既存のSSLサーバ証明書と同じように、アドレスバーは緑色にはならず、鍵マークのみが表示されます。
対応ブラウザ利用時の画面の確認方法について
 
(1) ブラウザのアドレスバーが緑色に表示されていることを確認してください。
緑色のアドレスバーは、ベリサインEV SSL認証が導入されている信頼性の高いウェブサイトであることを表します。
(2) SSL暗号化通信を表す鍵マークと共に、ウェブサイトを運営している組織名(The Tsukuba Bank,Ltd.)が表示されていることを確認してください。
(3) アドレスバーには、ウェブサイトを運営している組織名(The Tsukuba Bank,Ltd.)とEV  SSLサーバ証明書を発行した認証局(VeriSignによって識別)が交互に表示されますので、それぞれを確認してください。
筑波銀行の正規サイトにアクセスした場合
〈Internet Explorer7.0における動作〉
 
EV SSL証明書に
対応したウェブサイト
通常のSSL証明書に
対応したウェブサイト
アドレスバーの色 緑色に変化 白色
鍵アイコン(SSL暗号化接続を表します) 表示(アドレスバーの横に表示)
ウェブサイトを運営する組織名
(The Tsukuba Bank,Ltd.)
表示 非表示
証明書を発行した認証局(VeriSign) 表示 非表示
 
設定方法について
Windows VistaのInternet Explorer7.0を
ご利用の場合
ブラウザの「ツール」より「フィッシング詐欺検出機能」を選択し、「自動的なWebサイトの確認を有効」にする。
Windows VistaのInternet Explorer7.0には、ルート証明書(PCA3 G5)が標準で用意されているため、EV SSL証明書が導入されているサイトに接続し、検証に成功すると、アドレスバーの表示が緑色に変化することが確認できます。
Windows XP SP2のInternet Explorer7.0を
ご利用の場合、右記の2つの設定が必要です。
(1) ブラウザの「ツール」より「フィッシング詐欺検出機能」を選択し、「自動的なWebサイトの確認を有効」にする。
(2) インターネットバンキングのログオン画面にあるベリサインのセキュアドシールをクリックしてください。ルート証明書(PCA3 G5)がインストールされます。クリック後に、「更新ボタン」またはキーボードの「F5キー」を押してください。
EV SSL証明書を検証・判断し、アドレスバーの表示を緑色に変化させるためには、ルート証明書(PCA3 G5)が必要になります。

対象画面について
  ログオン後のインターネットバンキングサイト
0 日本ベリサイン株式会社のEV SSLサーバー証明書
前のインデックスページへ戻る


  振込・払込限度額の設定
  「振込・払込限度額」が設定でき、サービス画面上から引下げることができます。
前のインデックスページへ戻る

  電子メールの送信
  ご登録いただいている電子メールアドレス宛に、お振込・お振替等の受付結果やメールアドレスの変更結果などを連絡させていただきます。
※サービス画面上からメールアドレスの登録ができます。

<つくば>インターネットバンキングメンテナンス画面 各種変更・申込

前のインデックスページへ戻る


0

トップページへ戻る