1. TOP
  2. 筑波銀行について
  3. 当行からのお知らせ
  4. ニュース・リリース
  5. 人工知能(AI)を活用したマーケティングモデルの導入についてのお知らせ

人工知能(AI)を活用したマーケティングモデルの導入についてのお知らせ

投稿日: 2017/8/15

筑波銀行(頭取:藤川 雅海、本店:茨城県土浦市)は、人工知能(AI)を活用したマーケティングモデルを株式会社浜銀総合研究所(代表取締役:大久保 千行、本社:神奈川県横浜市)の支援のもと開発し、当行で稼働しているEBM(イベント・ベースト・マーケティング)※1に下記の通り実装しますのでお知らせいたします。

FinTech(フィンテック)のひとつであるAIを活用したマーケティングモデルを実装することで、よりお客さまの幅広い商品やサービスのニーズに、的確にお応えしてまいります。

※1.EBM(イベント・ベースト・マーケティング)…お客さまの取引などの変化を捉え、最適なタイミングで最良な商品やサービスを提案する

   マーケティング手法

 

1.マーケティングモデルの概要

 お客さまの属性情報や時系列取引履歴などのビッグデータに基づき、カードローンなど商品やサービスの購入可能性を、教師あり機械学習※2機能を備えたAIによって算出します。

 このAIをかねてよりマーケティングに活用しているEBMに実装することにより、各チャネルにおいてこれまで以上にお客さまのニーズやライフイベントに適った商品やサービスを提供することができます。

 このようにFinance(金融)とTechnology(技術)を融合したFinTech(フィンテック)を活用し、お客さまとの接点を積極的に深め、最初に相談したい銀行『First Call Bank(ファースト・コール・バンク)』を目指します。

※2.教師あり機械学習…教師(答え)となるデータを事前に与え、答えに近づくモデルをデータから学習させるアルゴリズムのこと。

 

2.実装時期

 平成29年9月中

 

3.対象商品・サービス

 当初はカードローン(IMA☆)のダイレクトメールやテレマーケティングによるセールスを想定しています

が、教育ローンや自動車ローンなど商品・サービスやチャネルを順次拡充してまいります。

 

4.株式会社浜銀総合研究所について

名 称

株式会社浜銀総合研究所

代表者

大久保 千行

所在地

神奈川県横浜市西区みなとみらい3-1-1

 

以上

 

報道機関のお問合せ先

筑波銀行  総合企画部広報室    鈴木  内線3731

℡ 029-859-8111

 

PDF PDFはこちら(PDF 200KB)

このページのトップへ