1. TOP
  2. 法人のお客さま
  3. 情報が欲しい
  4. 筑波経済月報
  5. 筑波経済月報2014年 6月号

筑波経済月報2014年 6月号

CONTENTS

  • 今月の1枚
     つくばりんりんロードと筑波山
  • 企業探訪
     株式会社 吉田屋
    • 代表取締役 大山 岳夫 氏
    • 専務取締役 大山 壮郎 氏
    • 1830(天保元)年、初代大山浅吉氏が現在の本社所在地である茨城県大洗町磯浜に、「吉田屋浅吉商店」の屋号で商いを始めて以来、梅干、奈良漬、らっきょう・生姜などの漬物一筋に、180年以上の伝統を持つ老舗企業である株式会社吉田屋。
      同社代表取締役の大山岳夫氏ならびに専務取締役大山壮郎氏に、事業内容、特色、新商品開発のコンセプト、経営戦略、今後の方向性などについてお伺いしました。
  • 外部研究員寄稿
     コメが足りない
    • 株式会社日本経済研究所 地域本部 常務執行役員 本部長 佐藤 淳 氏
    • 日本の象徴ともいえるコメは、減反に象徴されるように、余り気味でした。しかし、日本酒のV字回復を受けて、高価な酒米が不足しています。このままでは日本酒が入手しづらくなるかも知れません。コメ不足の現状をレポートします。
  • 支店長のわがまち紹介-坂東市-
  • 科学の街「つくば」から サイエンス・インフォメーション (協力:つくば市OB人材活動支援デスク)
     植物食は健康をもたらす
    • 日本地域研究所 代表 農学博士 長谷山 俊郎 氏
  • 研究員レポート
     「日立」と「トヨタ」の産業風土 -わが国二大リーディング企業にみる共通性-
    • わが国製造業の二大リーディング企業である日立製作所グループとトヨタ自動車グループ。
      両グループは、創業以来、幾多の困難な状況を乗り越えて成長してきました。特に、近年では1985年の「プラザ合意」以降の「円高」局面、いわゆる「リーマンショック」による輸出環境の悪化など、様々な「経営革新」によって克服したことは特筆に値します。
      本稿では、両グループに共通して見られる「企業経営風土」「産業風土」を通じて、わが国の製造業の「底力」を垣間みたいと思います。
  • もしもし何でも相談コーナー
    経営:勝ち残るために企業磨きの視点の活用を!
    • 現経営者の平均年齢が60歳に達しようという状況にあって、経営者の世代交代、いわゆる事業承継という経営課題にどう向き合うかが国内企業における深刻な課題といえます。一般的な事業承継対策だけではなく、「企業が勝ち残っていくために必要な戦略」の構築にあたり必要な「適切な現状認識」を行う上でのアプローチとなる「企業磨きの視点」について解説します。
    税務:復興特別法人税の前倒し廃止について
    • 平成26年度税制改正法案が平成26年3月20日に参議院本会議で可決され成立し、3月31日に公布されました。
      今回は特に注目を集めている「復興特別法人税の廃止」について、経緯とその概要をご紹介いたします。
  • 経済トピックス経済情報ピックアップ
  • 茨城県経済の現況
    茨城県の基調判断全体…
    景気は緩やかに持ち直している。
    先行きは消費税率引上げに伴う駆込み需要の反動が明確化するが、基調的には持ち直していく。
    企業等の景況感は持ち直しているが、先行き悪化する見通し。
    企業の生産活動…………
    緩やかに持ち直している。
    設備投資…………………
    前年並みの計画となっている。
    公共投資…………………
    増加している。
    個人消費…………………
    緩やかに持ち直している。
    住宅投資…………………
    緩やかに増加している。
    雇用・所得情勢…………
    緩やかに持ち直している。
  • 茨城県の主要経済指標
  • 会員ひろば
  • 筑波総研からのお知らせ
  • 筑波銀行インフォメーション

法人のお客様

おすすめ情報

  1. 1楽天Edy口座連携キャンペーン
  2. 2Amazonギフト券10万円分があたるCP
  3. 3女性向け住宅ローン つくばルリエ
  4. 4つくばBANKCARD インターネット新規入会キャンペーン
  5. 5結婚子育て資金 一括贈与預金
  6. 6私には、ほしいが多い。IMA imahoshi
  7. 7教育ローン
  8. 8マイカーローン
  9. 9事業者ローン

このページのトップへ