筑波銀行

地域のお客さまに寄り添う金融を目指す。

何でも相談できる環境の中で能力を磨く。

最近になって為替業務を担当するようになり、それまでの窓口業務との兼任で新たな仕事にチャレンジしています。窓口業務は、単に業務をこなすだけでなく、お客さまの本当の来店目的などを、親身なコミュニケーションを通じて汲み取ることがとても大切です。そのための対話力、さらにはご説明するための知識力など、まだまだ磨かなければならないと思うこともありますが、先輩行員の接客術を見習い、一歩ずつ成長していこうと思っています。また新しく始めた為替業務に関しては、法人関連の為替取扱量は非常に多く、振込管理などに戸惑うこともしばしばありますが、先輩に指導していただきながら、実践の中でスキルアップしていこうとがんばっています。配属からずっと同じ支店にいるため、他の支店のことはあまり詳しく知りませんが、少なくとも私がいる支店では、入行前のイメージ通り、人間的なコミュニケーションはとても良く、分からないことや疑問なことなど、何でも気軽に話せ、相談できる環境がありますので、仕事は大変ですが人間的なストレスは全く感じません。こうした和気あいあいとした雰囲気の中で、私も様々な銀行業務の経験を積み、一日も早く支店の重要な戦力として活躍できるようになりたいと思っています。

若い行員が次代の筑波銀行ブランドを創る。

具体的な目標としては、資産運用アドバイスができる能力を身につけることです。筑波銀行ではスキルアップのための研修制度が充実していますので、こうした研修へ積極的に参加し、能力を磨きたいと考えています。さらに行内研修だけに頼らず、日常から新聞・TVなどの経済情報になるべく目を通すように心がけ、金融商品知識や経済専門用語などの知識を学ぶようにしています。また資格についても、現在、FP2級の資格を取得していますが、これに満足せず、銀行業務検定の資格はもとより、将来的にはFP1級の資格が目指せるだけの経験と知識を積みたいと思っています。筑波銀行は合併で新たに誕生した若い銀行であり、私たち若い世代の行員が今後の筑波銀行ブランドを創り上げていける環境があります。新しいことへのチャレンジにも意欲的で、とくに女性行員の活躍への期待が大きいことを肌で感じます。とくに最近では、一般職からステップアップしやすい「エリア総合職」などの制度もスタートし、女性行員の職域拡大と能力向上にも力を入れています。私もこうした環境をフルに活用しながら、資産運用のプロフェッショナルを目指し、地域のお客さまに寄り添い、筑波銀行のブランド創造ができる行員になりたいと考えています。

Career

2012年
入行。新利根支店へ配属。
窓口・為替業務担当

入行動機

生まれ育った茨城県に貢献したいと思い、県内企業を目指しました。中でも銀行業は、人々の生活の基盤である金銭のプロであり、ライフステージと合わせて長期的にお客さまと密接な関係を築ける点に魅力を感じました。筑波銀行の支店を何店か訪問し、OGの方々とも話をさせていましたが、そのとき支店内の雰囲気がとても温かく感じられ、このような雰囲気の中で、その一員として働きたいと強く感じました。

Top