筑波銀行

  1. トップページ
  2. 先輩の今に触れる
  3. 営業グループ法人営業担当

付加価値のある提案が鍵を握る。

法人のお客様から頼られる存在を目指す。

現在、融資担当者として主に担当企業の稟議書作成や資産査定を担当しています。資産査定とは、決算書を分析することにより、お客さまがいま、どのステージ(成長期、成熟期、衰退期)にあるかを見極め、より適切な資金調達ができるよう提案を行うことです。また、分析結果を還元し、お客さま自身が気づいていない財務上の改善点をお伝えし、より強固な財務体質(=強い企業)へと変わるきっかけをつくることも大切な任務です。そのほか、企業から頼りにされ、信頼を得るには、ニーズに応じて販路開拓、M&A、先々の事業承継をはじめ、多様な確度から付加価値のある情報提供を行うことが非常に重要な任務となっています。とくに近年では、地銀の情報力を活かし、ビジネスマッチングによる新たな商機、つまり新たな仕入先や販路のご提案や、農業など第1次産業の6次産業化といった、生産・加工・販売を結ぶ新ビジネス創造への期待が高まっています。融資担当としても、相手先へマメに足を運ぶだけでなく、常に顧客企業の成長の観点から価値ある情報を提案することが重要なポイントだと肌で感じています。融資担当者として日が浅いため、知識不足や経験不足を実感する毎日ですが、経済関係の新聞やネット情報などには可能な限り目を通し、知識や提案力を養いたいと考えています。

自立的に仕事とキャリアアップに取り組む。

知識やマーケティング力と並んで重要なのは、企業訪問時の話術です。前述したように、融資担当は、顧客企業の経営コンサルタント的な意識で接し、価値ある情報をご提供することが重要ですが、相手の懐に入り込み、潜在的なニーズを引き出す話術も、大切なスキルだと感じます。とくに自分は人見知りで口べたなタイプなので、まず話術というスキルを向上させることが、大きな課題だと感じています。先輩行員と同行する機会もありますが、相手の懐へ入り込む話術の巧みさにはいつも感心させられます。先輩の接し方や話術を学び、一日も早く自分なりの接し方や話術を確立したいと考えています。筑波銀行には、どんな悩みや希望でも気軽に相談でき、アドバイスしてもらえる環境がありますし、自分で考え自立的に仕事へ取り組める風土がありますので、こうした環境をフルに活用し、知識の幅を広げ、自信を持って営業できるようになりたいと思っています。また将来的には本部機能である「ビジネスソリューション」や「ビジネスマッチング」、さらには顧客企業の「海外取引の開拓・拡大支援」などにも興味がありますので、FP1級や中小企業診断士などの資格取得にもチャレンジし、意欲的にキャリアアップを図りたいと思っています。

Career

2011年
入行。筑西支店へ配属。事務グループ出納担当

2012年
営業グループ営業担当へ係替え

2014年
営業グループ法人営業へ係替え

2015年
つくば営業部へ異動 融資担当

入行動機

地元での就職を念頭に、茨城県の金融業界に絞って就職活動をしました。当初は証券なども候補でしたが、企業研究を進める内に、金融関連で地域の活性化に一番貢献できるのは銀行業だと感じ、地銀に軸を定めました。筑波銀行に決めたのは、企業訪問で触れた先輩行員の親しみやすさ、さらには合併で新たにスタートした組織であり、これから自分たち若い世代が創っていける銀行だという点に強く惹かれたからです。

Top