筑波銀行

  1. トップページ
  2. 先輩の今に触れる
  3. 融資部 審査グループ

企業を見抜く目と感性を磨く。

顧客企業を理解する行動を重視する。

融資部審査グループの主な業務は、各営業店単体での決裁が難しい大口融資案件や複雑な条件の融資案件を審査・検討し、各営業店へ融資に関するアドバイスを行うことです。1年前までは、私自身が営業店で女性営業職として融資業務等を行っていました。営業店では実際に顧客企業に触れるため、経営者がどのような人か、また、経営や仕事へどのような思いを抱いているか、さらには将来をどのように見通しているかなどを対面でお話し、よく理解した上で融資業務に取り組めました。しかし現在の部署では、顧客の企業や経営者の方との面識はなく、その企業の決算書や営業店からの資料から融資の審査・判断・アドバイスをしなければなりません。そこで私は営業店での経験を活かし、単なる決算数値や付帯資料だけでなく、お客さま企業がどのような企業なのか、強みはどこにあるか、課題は何か、などお客さま企業の正確な実態を見抜き、理解する観点から、お客さま企業のホームページを徹底的に見ることや、関連業界の動向を含めた様々な情報収集・分析によって融資の審査・アドバイスをするよう心がけています。それにより、数字だけでは難しい融資案件も、「こうすれば、これだけの融資が可能だ」という前向きのアドバイスができ、それがお客さま企業の発展、ひいては地域経済の発展につながると思うからです。

女性総合職への道を拓く意識を持つ。

顧客企業を多様な角度から理解し、融資のアドバイスへつなげるのは、いわゆる『目利き』だと考えています。日々の経験を積み重ねながら、データの見方や情報分析力など、自分の目利き能力が着実に上がっていることを実感しています。筑波銀行の女性総合職の活躍推進については、まだまだこれからといった状況ではありますが、私自身がその一員として本部の融資業務を担当させていただいており、銀行全体として今後の女性の活躍推進に力を入れて取り組んでいると肌で感じています。これは営業店での法人営業担当を通じて感じたことですが、融資業務は多様な業種の顧客である企業に触れますし、経営者の方も人生経験豊かな方ばかりです。意欲があれば実に多くのことが勉強できる環境ですし、自分自身の成長にもつながる仕事だと感じていました。顧客となる企業へのきめ細かで柔らかな接し方や、細部に目を行き渡らせる感性など、女性ならではの能力を活かせる部分も多くあると思います。今後、女性総合職にチャレンジする人に増えて欲しいと思いますし、私自身がその先導的な役割を担い、道を切り拓く意識を大切にしたいと思っています。筑波銀行は、前例にこだわらず、自分のやりたいことができる風土がありますので、意欲の高い女性に、総合職の未来へチャレンジして欲しいと感じています。

Career

2001年
入行。岩瀬支店へ配属。事務担当。

2005年
明野支店へ異動。
窓口担当⇒営業グループ営業担当。

2007年
協和支店へ異動。営業グループ営業担当。

2008年
下館支店(現:筑西支店)へ異動。営業グループ融資担当。

2009年
結城支店へ異動。営業グループ営業担当。

2010年
下館支店(現:筑西支店)へ異動。
営業グループ営業担当⇒融資担当

2014年
融資部審査グループへ異動

入行動機

大学ではアクチュアリー数学を専攻していました。これは「保険計理」のことであり、主な就職先は保険会社の専門職ですが、私は生まれ育った茨城県へのUターン就職を志望しました。そして、保険と同じ金融関連で、地元に密着した地銀なら大学の専門知識が活かせると思い、筑波銀行へ努めている先輩から本音の話を聞いた結果、筑波銀行の親しみやすい雰囲気や、地域のことを考える熱い思いに強く惹かれました。

Top