筑波銀行

あなたの就職活動の状況は?

就職活動の初期はやりたいことが決まっていなかったため、大学での就活講座やキャリアサポートセンター、さらには大学や地元の先輩などに話を聞くなどして、スタンスを広く構えて企業や業界の情報を集めました。その中で、少しでも興味が持てる業界があれば企業説明会へ参加しながら次第に業界を絞りました。最終的に金融業界に決めたのは、多様な業種の企業への融資を通じ、その発展をサポートし、同時に喜びや安心を提供できる仕事だと感じたからです。

あなたの入行動機は?

就職活動の後半から自分の地元・茨城県の金融業界を意識し、県内の金融関連企業の説明会に参加しました。そうした過程で、銀行業はお客さまの立場で物事を考え、信頼関係を築き、様々な金融提案ができる仕事だと確信しました。最終的に筑波銀行へ決めたのは、県内に拡がるネットワークを持ち、幅広い金融サービスを通じてお客さまを深く支えている点に魅力を感じました。また、先輩行員から、教育研修制度が整備されているため金融の基礎がじっくり学べることを聞き、その点にも魅力を感じました。

入行後の感想は?

入行前に先輩行員から聞いていた通り、教育研修制度は非常に充実していると実感しました。入行後1カ月、3カ月、半年ときめ細かい定期研修があり、金融知識の習得はもとより同期行員とのコミュニケーション機会もあるため、互いに刺激しながらモチベーションを持って自己成長に励める環境です。配属後も指導員制度などマンツーマンでの現場指導や、支店全員に"人を育てる意識"があるため、知識の習得だけでなく職場に慣れるのも予想以上に早かったと感じています。

あなたの将来の希望や夢は?

当面の目標は「頼りにされる銀行員」です。お客さまはもとより支店の人からも「籠島なら任せられる」と信頼されるだけの知識とコミュニケーション力を身につけたいと考えています。将来的には、支店の運営にも興味があるため、支店長になりたいと思っています。そのためには、金融知識だけでなく、法律や税金、さらには企業経営などの知識を磨く必要がありますので、まずは、先に述べた「信頼される銀行員」に成長し、さらに、そこから着実に知識と実績を積んでいきたいと思っています。

就職活動中の学生へのアドバイスは?

自分の経験から言えば、将来を決めるという人生の大きな岐路において大切なのは「自分とは何か」をしっかり見つめ、とことん考えることです。単に性格分析的な自分ではなく、仕事に就いている自分をイメージし、一生涯その仕事をしていくという観点から自分の特性を見極めることが重要だと思います。自分と企業をじっくり見て、納得ができるまで頑張ってください!

Top