筑波銀行

あなたの就職活動の状況は?

自分の地元である茨城県内の企業を視野に就職活動を行いました。人のために頑張れる仕事を念頭に、広い業種を見ようと思い、多くの企業説明会へ参加しました。また、店舗がある企業は、実際に店舗を訪れ、その雰囲気を肌で感じるよう心がけました。そうした中で、金融業界は暮らしに欠かせない存在で、一人ひとりのお客さまと深く関わることができ、なおかつ、形のない商品を扱うため、自分の人柄や人間力で勝負できる業界だと思いました。

あなたの入行動機は?

筑波銀行の説明会や支店訪問などで感じたのは、多くの女性行員が活躍していることです。実際に女性行員の方から話を聞き、結婚・育児と仕事を両立している人が多いと知り、長く仕事を続け、キャリアを育める環境だと確信しました。また、研修制度がとても充実しており、一人ひとりの成長をしっかりサポートしてくれる点、さらには人間的な成長や能力の向上をきちんと評価してくれる点などにも魅力を感じました。

入行後の感想は?

入行前は、「堅く真面目な人が個々で自分の仕事こなしている」というイメージを持っていましたが、実際は、支店全体で目標を共有し、互いにサポートし合いながら一体感を持って仕事をしていることを実感しました。また仕事とプライベートを両立している人が多いことも驚きでした。これは私だけの感覚ではなく、同期との交流で様々な情報交換をしますが、この「一体感」や「ON・OFFの充実」は筑波銀行の「持ち味」だと感じています。

あなたの将来の希望や夢は?

第一の目標は、商品知識をしっかり身につけたプロの銀行員になることです。そしてお客さまのご要望を正確に捉え、お客さまと銀行がWin-Winの関係になれるアドバイスを差し上げることで、私のファンを増やしていきたいと思います。お客さまの金融知識も増していますから、それに負けないよう商品知識の向上はもとより、新聞やTV、さらにはネットなどの経済情報を見てマーケット情報などの知識向上にも励みたいと思っています。

就職活動中の学生へのアドバイスは?

自分の内定が出ず、友人が内定をもらうと、焦りばかりを抱きがちです。でも、就職活動は全員が同じペースではなく、内定が早ければ良いというものではありません。大切なのは「一生続けられる仕事、一生成長できる仕事」に出会うことだと思います。企業ブランドだけではなく、「一生の仕事」という観点から納得がいくまで就職活動を続ければ、自分という人間が最大限に発揮できる企業や仕事に必ず出会えるはずです。頑張ってください!

Top