筑波銀行

あなたの就職活動の状況は?

私は技術系学部のため、就職活動と卒業研究が重なってしまい、文科系の学生に比べて企業研究の時間があまり取れず、会社説明会への参加機会も少なかったと思います。志望先として、当初は大学での専門知識を活かせるメーカー系を考えていましたが、途中から接客の仕事に興味を覚え、お客さまや地域と密着度の高い金融業界にも目を向け、就職活動をしました。

あなたの入行動機は?

金融業界では、自分の地元である茨城県の筑波銀行と、都内の保険会社の2社から内定をいただきました。私は総合職を希望していましたが、長く勤めることを考えたとき、故郷である茨城県で「地域になくてはならない銀行をめざす」という筑波銀行のポリシーに共感したこと、さらには、総合職から一般職や特定総合職への配置転換が可能であり、育児と仕事を両立できる仕事環境に魅力を感じたことなどから、筑波銀行への入行を決めました。

入行後の感想は?

金銭に関わる仕事は些細なミスも許されません。入行して感じたのは仕事を正確に進めることの重要性です。銀行の窓口で「なぜこんなに待たされるの」と感じたことがある人もいると思いますが、正確さと早さを両立するのは至難の業だと実感しました。また行内の人間関係に関しては、入行前の予想よりもずっと親密で、指導員の先輩との日誌交換をはじめ、何でも相談できる環境がありますので、人間関係のストレスは感じません。

あなたの将来の希望や夢は?

現在は仕事に対してもお客さまに対してもまったく余裕がない状態ですが、いずれはお客さまから「あの人に相談したい。あの人に任せたい」と真っ先に頭へ思い浮かべていただける存在になりたいと思います。また、地域の企業を支援する融資にも興味があるため、今後は法人融資に必要な金融知識や資格取得にもチャレンジし、将来は融資業務ができる銀行員になれたらと考えています。

就職活動中の学生へのアドバイスは?

就職活動をしていると、「とりあえず内定」という気持ちが先行しがちですが、大切なのは「その会社でこんな自分になろう。こんな仕事ができるようになろう」という強い意志と覚悟を持つことです。どんな仕事でも困難や壁に当たるときはありますが、それを乗り超える力は、なりたい自分への意志と覚悟から生まれると思います。また面接などでも、その気持ちは必ず面接官に伝わるはずです。強い意志と覚悟を持って就職活動を頑張ってください!

Top