筑波銀行

あなたの就職活動の状況は?

就職活動の最初の頃は分野・業種・企業規模などを問わず、企業情報などから興味が持てそうな業種や企業へ足を運びました。興味があった業種は金融、メーカー、流通などでした。実際に多くの企業に触れ、自分の感覚で判断し、最終的には社会的な役割と責任の大きさから金融業界に絞りました。金融業の中から銀行業に的を絞ったのは、多様な業種の企業に深く触れ、その成長・発展を支え、ひいては地域発展に貢献できる仕事だと感じたからです。

あなたの入行動機は?

銀行業の魅力を感じたとき、地域発展に貢献するなら、自分の地元である茨城県の発展に貢献できる地域金融機関がいいと感じました。その点、筑波銀行は地域に深く根をはり、地域の個人・法人のお客さまを資金・経営・生活面で支えている金融機関だと確信しました。また、就職活動でお会いした筑波銀行の行員の方々が、地域貢献への強い使命感や目的意識を持って働いていることを知り、ここなら自分を奮い立たせる目標を持ち、自分を刺激しながら成長していけると感じました。

入行後の感想は?

入行後に変わったのは自分自身の意識です。とくに時間に対する意識は大きく変わりました。筑波銀行は新人にも仕事を任せてくれますので、業務の進行は自ら期日や優先順位を考えて行います。また、入行前の予想を超えていたのは、まず取得すべき資格と勉強機会の多さです。自己向上の必然性を感じながら勉強できる環境だと思います。次に、平日の仕事終わりや休日などを含め、入行前に思っていたより仕事以外での時間的な余裕があることです。そのためプライベートも充実させることができると感じています。

あなたの将来の希望や夢は?

私がめざすのは、銀行員というより「金融マン」です。つまり、企業や個人のマネープランをコンサルティングし、多様な金融ニーズに応えられる総合的な金融能力を持ったプロフェッショナルです。そのため、資格の取得に関しても、金融の基本資格はもとより、お客さまからの信頼向上と自己成長の両面から、相続・FP・宅地建物取引士・中小企業診断士などの資格取得に対し、貪欲にチャレンジしたいと考えています。筑波銀行にはそのための環境も整っていると思います。

就職活動中の学生へのアドバイスは?

大切なのは、入社することを目標にするのではなく、「入社してからのことを目標にすること」です。入社してから何ができるのかを見極め、そこを目標に就職活動をすることで、面接などでの応対も変わってくるはずです。また面接で注視する点は、「面接官が自分の話をどこまで聞いてくれるか」だと思います。この点に注目することで、社員やお客さまに対する企業姿勢がわかるのではないでしょうか。その上で、自分を理解してくれる企業を選ぶことが重要だと思います。

Top