筑波銀行

営業担当個々の力量が融資業務の鍵を握る。

最良の融資提案に向け、コンサルティング活動を展開。

主に企業への融資業務を担当していますが、ひとくちに融資と言っても、その金融需要は運転資金、設備資金、新規事業資金など非常に多様です。営業担当の役割は、そうした資金需要をしっかり理解し、お客さま企業への綿密な金融コンサルティングを通じて、お客さまの将来発展に役立つ融資を実行することです。場合によっては、お客さまのご要望と違う融資金額や融資条件になることもありますが、そんなときはお客さまとじっくり話をし、納得いただいた上で融資を実行することが重要です。単に"貸す側・借りる側"という関係ではなく、お客さま企業の将来を共に考える姿勢で臨み、最良のプランを提案し、納得していただいたときは、その企業の行く末を決めるターニングポイントに立ち会ったという実感と、担当する企業の発展が地域の活性化につながるという想いが胸に満ち、仕事の達成感を覚える瞬間です。融資実行後、お客さまから「やって良かったよ」「順調だよ」などという言葉をいただけたときは、金融マンとしての大きなやりがいを感じます。期末や賞与シーズンなど融資業務が集中する時期は、個々のお客さまへのコンサルティング活動は多忙を極めますが、お客さまから頼られているという自負を胸に、個々の案件に全力で臨み、常に最良のご提案ができるよう心がけています。

新しいことに挑める環境の中で、スキルアップを図る。

県内には他の地銀や都市銀行の支店、さらには信用金庫など、ライバルとなる金融機関はたくさんあります。極端に言えば、どの金融機関も融資商品や金融商品に関しては大きな差がないのが現状です。そうした中で、筑波銀行を選んでいただくためには、お客さまの期待を超えるような対応を実践することであり、それは個々の営業担当の力量と信頼性にかかっているといっても過言ではありません。まさに、自分自身の対応力や提案力こそが勝負の分かれ目になります。業務で触れる経営者の皆さまは、自分よりはるかに年長で経験も豊富です。その方々と親密に話すためには、相手の資金需要の分析はもとより、業種や業界の知識、さらには社会経済全体の状況などを貪欲に勉強し、知識を蓄積することが必要です。常にプレッシャーを感じますが、業務を通じて社会や人生を学んでいるという実感が持てる仕事です。今後は、自分自身のさらなるスキルアップを目指し、中小企業診断士をはじめとする資格取得にもチャレンジしたいと思っています。筑波銀行は合併からまだそれほど経っていない若い銀行であり、組織も非常に柔軟です。行員個々の自由度も高く、新しいことへ意欲的に挑める環境があります。この環境を活用し、自分自身のスキルアップと共に、今後は筑波銀行の知名度アップと発展に貢献したいと考えています。

Career

2006年
入行。千代田支店へ配属

2007年
県庁支店へ異動 営業担当

2008年
多賀支店へ異動 営業担当

2012年
鹿嶋支店へ異動 営業担当

2014年
本店営業部へ異動 営業担当

入行動機

大学までを茨城県内で過ごし、地域に愛着がありました。自然が豊かで海・山もあり、なおかつ東京にも近い茨城県での生活が自分に合っていると感じていました。そのため就職活動も県内企業に絞り、金融関連と住宅関連を軸に企業研究を行いましたが、地域のお客さまの人生やライフイベントに深く関わり、お客さまと共に考え、地域の発展に貢献できるのは銀行業だと直感し、地域密着を旨とする筑波銀行への入行を決めました。

Top