筑波銀行

ローンのプラス面を引き出すアドバイス。

様々な角度から最良のローンをアドバイス。

私が所属するパーソルプラザは、住宅ローンをメインにカーローン、教育ローン、カードローンなど個人向けローンの相談業務と投資信託や個人年金、外貨預金等、個人の資産相談業務を行う専門窓口です。私の担当は個人ローン相談業務であり、日常業務の大半は住宅ローン相談・申込みの対応です。私はローンアドバイザーとして主にハウスメーカーや住宅展示場などへ、住宅ローンの営業活動を展開しています。住宅は個人のお客さまにとっては、人生で最も大きな買い物であり、夢のひとつともいえるものです。日常業務を通じ、お客さまの夢の実現のお手伝いをしているという充実感が持てる業務だと感じています。業務で心がけているのは「迅速な対応」と「様々な角度からのアドバイス」です。住宅ローンの決定がお客さまの住宅購入計画の成否を左右しますし、住宅メーカーや不動産等の売り手側にとっても契約が成立するか否かに関わりますので、ローン審査に必要な書類を迅速に整えるなど、素早い対応は非常に重要です。それ以前に、住宅購入のお客さまへのヒアリングに関しても、安易にローンを組むのではなく、お客さまのライフプラン、例えばお子様の教育にお金がかかる時期のローン状況など、その家族構成や将来の状況に関するライフプランの綿密なシミュレーションを作成し、お客さまと共に最良のローン形態を考え、アドバイスを差し上げることが、ローンアドバイザーとしての重要な使命だと思っています。

総合金融ノウハウを盛った女性総合職を目指す。

お客さまへのヒアリングで大切なのは、ローン審査条件のプラス面を引き出すことだと感じています。なぜなら、マイナス面はお客さまの状況を記した書類からでも容易に分かりますし、それだけで判断してローン審査に回すのは誰でもできることだからです。住宅ローンには競合する金融機関も多いため、それらと差別化し、筑波銀行を選んでいただくには、ヒアリングの中でお客さまのプラス面、例えば預貯金状況、奥様の就業状況、ご両親の経済状況などをはじめ、様々な角度からお客さまのプラスになる条件を発見し、それをローン内容や条件に反映することがとても重要になります。こうしたプラス面を発見することこそ、ローンアドバイザーとしての手腕であり、存在意義だと思うからです。住宅ローンの営業やアドバイス業務は、家計や家族状況などに細かく気を配れる女性行員に向いている業務だと感じています。筑波銀行では女性行員の活躍に力を入れ、女性総合職はもとより一般職のスキルアップの機会も多く設けていますので、今後はそうした環境をフルに活用し、税務知識やFP知識などをもっとスキルアップしようと思っています。また将来的には、資産運用アドバイスや地域企業の海外進出支援など、様々な業務にチャレンジし、総合的な金融ノウハウをもった女性総合職に成長したいと考えています。

Career

2012年
入行。牛久東支店へ配属。事務担当

2012年
10月融資担当へ係り替え

2013年
営業本部(現:営業推進部個人推進グループ)

入行動機

就職を考えたとき、2つの大きな方向がありました。ひとつはマスコミ関係、もうひとつは生まれ育った地元の活性化に貢献できる金融機関でした。この2つに絞って企業研究を続けた結果、地元(茨城県)の発展に取り組める地銀の業務の魅力に惹かれるようになりました。筑波銀行に決めたのは、企業訪問などで人事や行員の方に接したとき、学生への気遣いを肌で感じ、こんな人たちと一緒に仕事がしたいと心から感じたからです。

Top