筑波銀行

あなたの就職活動の状況は?

茨城県出身で、東京の大学に進学し、都内で一人暮らしをしていましたが、将来は生まれ育った茨城の地で働きたいと思っていました。就職活動の初期は、まだ自分のやりたいことが決まっていなかったため、業種を絞らず、茨城県内の合同説明会へ積極的に参加し、県内の多様な業界・業種の企業を幅広く研究しました。そうした中で、人のライフステージや企業の発展、さらには地域の活性化などに深く関わる地域金融に大きな魅力を感じるようになりました。

あなたの入行動機は?

就職活動の後半は、茨城県内の金融機関に的を絞り、県内のいくつかの金融機関の会社説明会へ参加しました。そこで、行員の方々の話を聞く機会、さらにはディスカッションや質疑応答の機会が数多くありました。その中で、自分自身のこれからの不安や疑問を最も親身に聞いてもらえ、アドバイスをしてくれた筑波銀行に魅力を感じ、この環境の中で、この人たちと一緒に仕事がしたいという思いが強くなり、それが入行の決め手になりました。また、研修制度が充実している点も大きな魅力でした。

入行後の感想は?

入行してから驚いたのは、筑波銀行は私が入行前に予想していた以上に地域密着型の金融機関だということです。配属された支店エリアで行われる数多くのイベントやお祭りなどに協賛し、行員もボランティアで参加する機会があります。それも形だけの参加ではなく、行員一人ひとりが積極的にやりがいを持って参加します。日頃から銀行業務を通じてお客さまと接する機会は多くありますが、こうした地域とのつながりを大切にする姿勢や活動も、筑波銀行が地域から愛されているゆえんだと感じました。

あなたの将来の希望や夢は?

当面の目標は、金融商品知識の向上です。多様な金融商品のメリット・デメリットを把握し、お客さまのご要望にベストな商品をご提案できるようになりたいと思います。また法人融資に関しても、同じようにベストな資金提案ができるよう、お客さま目線で幅広い金融知識を身につけ、「萩原さんだから安心して任せられる」と評価される行員を目指しています。さらに支店運営にも興味がありますので、将来的には支店長を目標にマネジメント力や人材育成力も磨きたいと考えています。

就職活動中の学生へのアドバイスは?

第一に、「本当に自分がしたいこと」を見つけるため、後悔のない就職活動をすることが大切だと思います。どんな職業に就いても、多かれ少なかれ「壁」に当たることがあります。その時に、自分が本当にしたかったことや、企業を決めたときの初心を思い出して踏ん張れるよう、時間と努力を惜しまず、時間をかけて精一杯頑張ってください!

Top