筑波銀行

あなたの就職活動の状況は?

大学では主に物流関係を学び、就職活動は小売業界と金融業界に絞って行いました。また、自分の地元である茨城県が好きで、将来にわたって県内に住みたいと思っていたため、県内企業の合同説明会では小売業と金融業の2業種を軸に、多くの企業を研究しました。しかし、転勤などを想定した場合、小売業では転居を伴う場合があるのに対し、金融業は転居を伴わない転勤が可能だと知り、就職活動の後半は県内の金融業に的を絞りました。

あなたの入行動機は?

県内金融業の中でも、筑波銀行は「プラチナくるみん」を取得するなど、女性が家庭を持っても働ける制度が充実している点、さらには女性の活躍を推進している点など、ライフプランに合わせて長く働ける環境があることに魅力を感じました。また、行員の皆さんとの座談会で「仕事は大変な面もあるが、オンとオフがハッキリしているので充実している」という話をお聞きし、自分もオンとオフをバランスよく充実させ、キャリアを積みたいと思い、筑波銀行への入行を決めました。

入行後の感想は?

休日などはしっかり取れるため、入行前の期待通り、オンとオフのバランスが取れる環境だと感じています。仕事面では、業務処理の正確さとスピードの両立が求められるため、業務スキルを身につけるのは大変だと実感しています。しかし、指導員である先輩行員との日誌のやりとりなどを通じ、様々な悩みや困ったことなどを相談できますし、業務の不明点は何でも聞くことができるフランクな雰囲気がありますので、とくに不安を抱くこともなく、日常の業務処理や知識習得に励める環境だと実感しています。

あなたの将来の希望や夢は?

現段階の希望は、銀行の基本業務を正確・迅速・丁寧にできるスキルを身に付けることです。将来のことは、まだ具体的に考えられる段階ではありませんが、銀行業の知識や金融商品の知識を増やし、商品説明がしっかりできるようになること、さらには、お客さまとのコミュニケーションからご要望を的確に把握できる力を身に付けたいと思っています。また将来的には、家庭を持っても、銀行の諸制度をうまく活用して、キャリアを積んで行きたいと考えています。

就職活動中の学生へのアドバイスは?

固定概念に縛られず、多様な業界を見ることで、自分に最適な職種や企業が発見できることも多くあります。さらに、後悔を残さないよう、柔軟な視野を持って「やれるだけやる」ことが大切だと思います。また、少しでも早く内定をもらいたいという気持ちは分かりますが、内定が早ければ良いというものでなく、「本当に一生働ける環境があるか」をしっかり突き詰めることが重要だと思います。頑張ってください!

Top