1. TOP
  2. 筑波銀行について
  3. 当行からのお知らせ
  4. お知らせ・トピックス
  5. 平成28年
  6. かすみがうら市の地域活性化DMO推進事業への協力

かすみがうら市の地域活性化DMO推進事業への協力

投稿日:2016/05/18

 筑波銀行(頭取:藤川 雅海、本店:茨城県土浦市)は、かすみがうら市まち・ひと・しごと創生総合戦略における、交流人口の増加や雇用促進を目指した地域活性化DMOの設立に企画段階から参加し、新会社設立に協力しましたのでお知らせいたします。
 新会社は、かすみがうら市の地方創生を加速させる組織として、サイクリング事業を核とした様々な事業を展開します。
 当行は、引き続き当行グループのネットワークやコンサルティング機能を発揮し、かすみがうら市の発展に貢献してまいります。
(DMO:Destination Marketing/Management Organizationの略、地域全体の観光マネジメントを一本化する着地型観光のプラットフォーム組織を指す)

<新会社の概要>
会社名株式会社かすみがうら未来づくりカンパニー
法人設立日平成28年4月28日
出資者株式会社ステッチ、つくば地域活性化ファンド(筑波銀行)、かすみがうら市
事業内容サイクリングプログラムの企画運営事業
地域産品を活用したレストラン運営事業
地域イベントの企画運営事業
マルシェ運営事業、地域産品を用いた6次産業化事業 他

株式会社かすみがうら未来づくりカンパニー
<左から㈱ステッチ細谷社長、新会社今野社長、坪井市長、藤川頭取>

このページのトップへ