1. TOP
  2. 筑波銀行について
  3. 当行からのお知らせ
  4. ギャラリーのご案内
  5. 「龍馬と維新を成し遂げた人々」書幅と書額展(平成22年6月1日~8月10日)

「龍馬と維新を成し遂げた人々」書幅と書額展<終了>

「龍馬と維新を成し遂げた人々」書幅と書額展は平成22年8月10日をもって終了させて頂きました。
期間中、多数の皆様のご来場ありがとうございました。

展示期間
平成22年6月1日(火)~平成22年8月10日(火)
※好評につき平成22年8月10日(火)まで期間延長致しました。学生の皆様も是非ご来館下さい。
祝日は休館とさせていただきます。
開館時間
午前9時~午後3時
※入場無料
場 所
茨城県つくば市竹園1-7
筑波銀行つくば営業部2階
地図はこちらからご覧ください

「龍馬と維新を成し遂げた人々」書幅と書額展

ごあいさつ

日本は明治維新(1868年)から間もなく150年を迎えようとしています。

維新政府の「富国強兵」政策のなかでの日清・日露戦争、昭和の第二次世界大戦、戦後の高度成長期を経て、日本人は今日の生活を得てきました。

その時代、時代に歴史を築いてきた人々がいます。特に武家社会(封建制度)から近代国家(資本主義)への変革では、20代の若き”下級武士”を中心とした人々が幕府と、古い制度と戦い「維新」を成し遂げました。

そして今日、政治、経済、社会制度が大きな転換期にあるといえます。

近代国家をつくった人々の肉筆に触れることで大きな感動をいただくと共に、これからの日本を支えていく中学生や高校生、大学生など若い人達に、自分に自信と誇りをもち、日本の将来を見据えていっていただきたいと思います。

今回、竜ケ崎市在住の橋本秀孝氏の資料提供により、本展示会を開催することができました。橋本氏は熊本藩細川に仕えた重臣の末裔で、数多くの資料を収蔵されており、「多くの人に幕末の志士達の肉筆に触れることで日本を見つめなおす機会にしてもらえたら」とのご好意により資料の提供をいただいております。また「つくば市教育委員会の後援」をいただいております。

展示資料一覧

展示資料一覧

展示資料画像

このページのトップへ