1. TOP
  2. 筑波銀行について
  3. 当行からのお知らせ
  4. お客さまへのご注意
  5. 通帳・印鑑・キャッシュカードの保管にご注意ください。

通帳・印鑑・キャッシュカードの保管にご注意ください。

2008年03月24日

最近、通帳・ご印鑑等の盗難事件が頻発しております。
盗難やスキミングによる被害を未然に防止し、大切なご預金を守るため、次の点にご注意ください。

通帳副印鑑について
  • 「印鑑照合システム」を全ての店舗に導入しましたので、通帳表紙裏面のお届出印(副印鑑)は不要です。
  • 通帳の紛失や盗難時の印鑑偽造による被害を防止するため、通帳表紙裏面に貼付してあるお届出印(副印鑑)は、お手数ですがはがしてください。
通帳・ご印鑑・キャッシュカードの保管について
  • 通帳・ご印鑑・キャッシュカードをお車の中などに保管されることは絶対におやめください。
    盗難事件の過半数は、お車のダッシュボード、バッグから抜き取られています。
  • ご自宅に保管される場合にも、通帳・ご印鑑はそれぞれ別の場所に保管されることをお勧めいたします。
  • 万一、通帳・ご印鑑・キャッシュカードを紛失されたり盗難に遭われた場合には、直ちに当行事務センターにご連絡願います。
筑波銀行 土浦事務センター
(キャッシュカード紛失盗難受付センター)
TEL 029-831-8111
受付時間 24時間
  • 偽造・盗難カード被害の補償に関するご相談は下記の専用ダイヤルにご連絡ください。
筑波銀行 偽造・盗難カード相談窓口
フリーダイヤル 0120-298-390
受付時間 9:00~17:00(平日)
キャッシュカードの暗証番号について
  • 他人に知られ易い番号を使用することはおやめください。
    キャッシュカードが盗難やスキミングに遭った場合、非常に危険です。
    • <他人に知られ易い番号の例> 生年月日、電話番号など、他人にも容易に分かるもの
    • 規則的な数字(「1111」、「1234」など)
  • ATM操作時になど、背後からの盗み見にご注意ください。
    当行では平成16年10月より、ATM防犯機能を強化し、暗証番号や預金残高など盗み見防止に努めております。
    <当行でのATM防犯機能の強化対策>
    • 後方確認ミラーの取り付け
      ATM操作時に背後の人物の動作を確認できます。
    • お取引画面への特殊遮光フィルターの装着
      ATM操作中の方以外は画面表示を見えにくくしています。
  • 当行ATMでは、カード暗証番号の変更が可能です。盗難などの被害防止のため、定期的な変更をお勧めします。
    <ATM操作方法>
    通帳・印鑑・キャッシュカードの保管にご注意ください。

このページのトップへ