1. TOP
  2. 筑波銀行について
  3. 当行からのお知らせ
  4. お客さまへのご注意
  5. 「インターネットバンキングを利用した還付金詐欺」についてのご注意

「インターネットバンキングを利用した還付金詐欺」についてのご注意

2017年09月26日

日頃より筑波銀行をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
西日本の一部地域において、以下のような手口の詐欺が発生しています。
電話で「インターネットバンキングのログインパスワード」や「キャッシュカードの暗証番号」などを聞かれたら、それは「詐欺」です、ご注意ください。

【詐欺の手口】

  • 市役所職員などを名乗る者(犯人)が、
    「あなたに還付金がある。還付金を受け取るためにインターネットバンキングの手続きが必要です。」
    などと架電し、「取引金融機関名、口座番号、暗証番号、預金残高」などを言葉巧みに聞き出す。
  • その後、犯人がインターネットバンキングの申し込み手続きを行い、金融機関から被害者宅に申込書類が届いたころに、再度、犯人が架電し、インターネットバンキングのログインパスワードなどを聞き出す。
  • 最終的には、犯人がインターネットバンキングを悪用し勝手に被害者名義の口座から他人名義の口座に資金を振り込んで現金をだまし取る手口です。

【お客さまへのご注意】

  • インターネットバンキングでは還付金の手続きはできません。それは「詐欺」です。
  • 電話で「ログインパスワード」や「キャッシュカードの暗証番号」を確認することはありません。それは「詐欺」です。
  • 当行のホームページからキャッシュカードの暗証番号を入力して、直接、インターネットバンキングの申し込みが可能です(申し込み書類が郵送されることはありません)。他人に「キャッシュカードの暗証番号」を教えることのないよう、ご注意ねがいます。

このページのトップへ